2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第2問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。 
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、2問目いってみましょう。

【問題】
PC ではさまざまな種類のソフトウェアが利用されている。PC のソフトウェアに関する以下の①~④の記述と、それらに対応する用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

① PC の電源投入時に最初に実行され、PC と周辺機器との間の入出力を制御す
るソフトウェア。
② 出荷済みのソフトウェアの不具合を修正・更新するために該当部分だけを書き
換えるソフトウェア。
③ 著作権は放棄されていないが、誰もが無償で入手・利用でき、ライセンスの範
囲であれば、再配布や内容の改良をすることが許可されているソフトウェア。
④ 単独では機能せず、Web ブラウザなどのアプリケーションに組み込むこと
で、そのアプリケーションの特定の機能を拡張するソフトウェア。

〔解答群〕
ア ①:BIOS ②:カーネル ③:ファームウェア ④:ミドルウェア
イ ①:BIOS ②:パッチ ③:フリーウェア ④:プラグインソフト
ウ ①:OS ②:シェル ③:ファームウェア ④:プラグインソフト
エ ①:OS ②:パッチ ③:フリーウェア ④:ミドルウェア

【正解】

出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
用語知識の問題。

基本的な用語問題なので、是非正答したい。

<難易度>
C(易しい)

<用語の解説>

・BIOS・・・Basic Input/Output System の略。バイオスと読みます。
問題文の通り。「電源投入時に最初に」という言葉で決定。
OSの再インストールなどの作業が無い限りは、一般ユーザーではあまり見ない画面です。
OSが起動する前に動作しますので、電源を入れてからOSが起動する数秒の間に
特定のキーを押すことで、BIOS設定画面を開くことができます(windowsの場合)。
PC起動時にどの順番でHDDや外部ディスクを読み取っていくか、などを設定します。
また、BIOSにパスワードを設定する事ができます。
OSを起動する前に動作する事から、紛失時のセキュリティ対策として
用いられることもあります。
・OS・・・Operating Systemの略。オーエスと読みます。
こちらは、PCに疎くても聞いたことはあるのではないでしょうか。
ユーザーインターフェイスを提供して、プログラム実行やディスクアクセスなどの
PCの基本的な動作の制御を行ってくれます。
windows,iOS,Android,Linux,macOSなど聞いたことあるのではないでしょうか。
・カーネル
ユーザーから一番見えやすいのがアプリケーション。
逆に一番見えにくいのが、CPUやメモリハードディスクといったハードウェア。
ユーザーは直接ハードウェアの動作を制御できませんし、
アプリケーションもできません。
その仲介役になってくれているのが、カーネルです。
鶏肉が食べたくなる名前。
・パッチ
問題文の通り。
windowsやiOSを使っていて、更新プログラムがあるのでアップデートしてね、
というお知らせがくる。例のあれ。
パッチを当てる。パッチ適用。などと言います。
「パッチ当てなきゃ」何て言うと、ちょっとパソコン知ってる風?になります。
・ファームウェア
ハードウェアのメモリ領域に保持されるソフトウェア。
ソフトウェアなので、更新可能。
基本的には、ユーザーが直接操作する様なソフトウェアではなく、
アプリケーションやOSなどからハードウェアを操作するために用意されています。
・フリーウェア
無料で提供されるソフトウェアのこと。フリーソフトとも言います。
ちょっと前は窓の社やVectorなどからダウンロードする事が多かったが、
最近はAppStoreやGoogle Playの方がイメージが強いかも知れません。
問題文では「ライセンスの範囲であれば、再配布や内容の改良をすることが
許可されている」と書かれていますが、
これは「利用許諾にどう書かれているかに従って」という意味だと理解します。
全てのフリーウェアに再配布や改変の許可がついている訳ではありません。
(むしろ少ないイメージ)
・ミドルウェア
アプリケーションとOSの間で動作するソフトウェアと説明される事が多いです。
システムに携わらない方にはよく分からない言い回しではないでしょうか。
データベースを管理するソフトウェア、WEBシステムを動作させる
ソフトウェアなどのこと。
ユーザーが目にするソフトウェアの裏側で動作しているが、OSではないソフト
という事で、この様な言い方になっているのかなと思います。
・プラグインソフト
問題文の通り。
英語で書くとplug in soft。直訳すると「プラグに差し込むソフト」
ってことになります。何となく分りますか?
ソフトウェア本体に後付けで、無かった機能を付け加えるソフトの事です。
アドオンって言ったりもします。
オープンソースでよく使われるイメージですね。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA