2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第4問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。 
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、4問目いってみましょう。

【問題】
下表は、ある中小企業の“アルバイト”表と“店舗”表である。この2 つの表に対して、次のSQL 文を実行した場合に得る結果として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

SELECT 氏名,年間給与支給額,店長名
FROM アルバイト,店舗
WHERE アルバイト.店舗コード= 店舗.店舗コード
AND 店舗所在地=’新宿’
AND 年間給与支給額< 800000;

【解答群】

【正解】

【解説】
<所見>
基本的なSQL文に関する問題。確実に正答したいです。

<難易度>
C(易しい)

<解説>
・select句
ここで指定した列を取得します。*を指定した場合は全列を取得します。

・from句
ここで対象のテーブルを指定します。

今回は2つのテーブルを対象にしています。

・where句
ここで取得するデータの指定を行います。
今回は、「アルバイト.店舗コード= 店舗.店舗コード」で店舗コードの一致によるテーブルの結合を行っています。
結合後のテーブルイメージはこちら。

その後、「店舗所在地が新宿であるデータ」と「年間給与支給額が800000未満」の両方を満たす行に絞り込んでいます。

※上の表の3行目と5行目ですね。

試験の時は、対象(今回は新宿)の店舗コードに〇印をつけておいて、年間給与支給額が800000未満の行の先頭に◎印をつける、
といった段階的に絞り込んでいく様にするとケアレスミスが少ないでしょう。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA