2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第5問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。 
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、5問目いってみましょう。

【問題】
近年、ソースコードが無償で公開されているソフトウェアを用いることで、
中小企業においてもWeb サーバシステムの構築を安価に行えるようになっている。
以下の記述の空欄A〜Dに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

・ソースコードが無償で公開されているソフトウェアのことを(A)という。
このようなソフトウェアを用いることでコストの削減が期待できる。

・ドメイン名とIP アドレスの対応づけのためのシステムを(B)というが、
これには(A)である(C)が用いられることが多い。

・Web サーバ用ソフトウェアである(D)は(A)である。

〔解答群〕
ア A:OSS B:DNS C:BIND D:Apache
イ A:OSS B:NAT C:BIND D:Postfix
ウ A:PDS B:DNS C:Ubuntu D:Apache
エ A:PDS B:NAT C:Ubuntu D:Postfix

【正解】

【解説】
<所見>
基本的な用語の問題。全て知っていなくても正答できるので、

落ち着いて正答したいです。

<難易度>
C(易しい)

<解説>
診断士1次試験は、とにかく範囲が広い。なので、重要項目以外に対応し過ぎるといくら時間があっても足りません。
今回だと、OSS、DNS、NATが押さえれていれば正答できます。用語の問題は過去問ベースで知識向上を図るのが良いでしょう。
プラスαの知識は興味があれば、合格してから調べても遅くありません。

・OSS・・・Open Source Software の略。
 問題文の通りです。
 ソースコードというのは、ソフトウェアを実行するための処理が書かれたもので、
 通常のソフトウェアは実行ファイルという形で提供されて、中身は見えません。
 無償で複製、改変、再配布が可能であることができる場合が多いが、場合により有償
 のケースがあるため、利用許諾を確認する必要があります。
 再配布時にOSSを利用していることを明示することや、OSS部分の公開すること、
 などの制約がつくものもあります。
・DNS・・・Domain Name System の略。そのままディーエヌエスと読みます。
 ホームページなどでブラウザ上部にXXX.jpやxxx.comといった表示がされているのを
 見たことがありますかね。
 あれがドメインです。
 IPアドレスというのは、192.168.1.0の様な形で表されます。
 よくネットワーク上の住所の様なものと比喩されます。
 ネットワーク上では必ず1意になる様になっており、通信の宛先として使われます。
 DNSはドメインとIPアドレスの変換を担ってくれており、そのサーバーを
 DNSサーバーと呼びます。
 人間にIPアドレスを表示してもよく分からないので、人間にはドメイン名で表示して
 ネットワーク機器には変換した後のIPアドレス(や他の情報)で通信を成立させます。
・BIND・・・Berkeley Internet Name Domain の略。バインドと読みます。
 問題文の通り、DNSサーバーに用いられるソフトウェア。
 知っていて損はありませんが、特に知らなくても解答できますので、
 気にせず行きましょう。
・Apache ・・・ アパッチと読みます。
 オープンソフトのWEBサーバです。
 知っていて損はありませんが、本問では特に知らなくても解答できますので、
 気にせず行きましょう。
・Postfix ・・・ ポストフィックスと読みます。
 オープンソフトのメールサーバーです。
 知っていて損はありませんが、本問では特に知らなくても解答できますので、
 気にせず行きましょう。
・Ubuntu ・・・ ウブントゥと読みます。
 オープンソースのオペレーティングシステムです。
 ホームページからの情報によるとワープロ、メールソフト、サーバーソフトウェア、
 プログラミングツールまで、あらゆるソフトウェアが含まれているとのこと。
 アフリカの単語で「他者への思いやり」「皆があっての私」といった意味らしいです。
 正直詳しくありません。特に知らなくても解答できますので、気にせず行きましょう。
・PDS ・・・ Public Domain Softwareの略。そのままピーディエスと読みます。
 他の意味の略語もありますが、問題系統として恐らくこれのこと。
 フリーソフトウェアなどの開発者が維持できなくなったソフトウェアを
 公開したものの様です。
 正直詳しくありません。特に知らなくても解答できますので、気にせず行きましょう。
・NAT ・・・ Network Address Translationの略。ナットと読みます。
 システムの世界でナットと言えば、ネジの事じゃなくてこっちの事の場合がほとんど。
 先ほど少しIPアドレスの説明をしました。
 IPv4ではアドレスは4×8ビットで表現されます。これだけあれば、大丈夫と思われていた
 IPアドレスもネットワークに繋がる機器が増えて、もう足りないよ!という状態に
 なっています。
 その為にIPv6といった拡張版も出てきていますが、まだ普及しきっていない段階です。
 不足するIPアドレスを効率的に利用するために、グローバルIPと呼ばれるインターネット
 上でやり取りするアドレスは企業に数個しか割り当てない様にし、社内で利用する
 パソコンなどにはプライベートIPを割り当てる様にします。
 プライベートIPは当然社内では全て異なるアドレスが割り振られますが、
 他の会社では同じIPがあったりします。
 社内ではプライベートIPで通信できますが、社外から通信しようとする時には
 相手はグローバルIPしか知りません。
 その時に必要になるのが、このNATの仕組みになります。社外から入ってきた通信を
 プライベートIPに変換して、社内の特定のサーバや機器と通信を行う様にしています。

NATの仕組みが難しいですかね。誤解を恐れずにざっくり言うと、会社で郵便を受け取る場合に、あなたの机が会社の何階のどの部屋にあるか相手は知らなくても会社には郵送できて届きますね。会社に届けば、Aさんの部署はどこで何階のどこの机にいるという社員座席表があれば、社内で転送する事ができます。

こんなイメージだと思って下さい。

今日はここまで!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA