2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第6問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、6問目いってみましょう。

【問題】
Web 環境におけるソフトウェア開発においては、開発目的に応じて利用可能なさまざまなプログラミング言語などを組み合わせて実現していくことが必要になる。
以下の①~④の記述と、それらに対応するプログラミング言語などの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
① HTML ファイルの中で記述され、動的なWeb ページを作成することができる。
② データベースと連携したWeb ページを作成することができる。
③ Web サーバと非同期通信を行うことで、Web ページの一部分のみのデータ内容を動的に更新することができる技術である。
④ Web ページのフォントや文字の大きさ、行間、表示位置の指示など、表示方法に関する事項を定義するために利用する。

〔解答群〕
ア ①:Java ②:jQuery ③:Perl ④:CSS
イ ①:Java ②:PHP ③:Perl ④:XSL
ウ ①:JavaScript ②:jQuery ③:Ajax ④:XSL
エ ①:JavaScript ②:PHP ③:Ajax ④:CSS

【正解】

出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
プログラム言語とその周辺技術に関わる用語の問題です。WEB系の技術仕様に関する知識も含まれるので、正しく理解しようと思うと結構大変だと思います。
診断士試験としては、大枠だけ抑えたいところでしょうか。

<難易度>
B(ちょっと難しい)

<解説>

 ・Java ・・・ ジャバと読みます。
 一時期WEB系言語の花形として広まりました。まだスマートフォンが登場する前の
 携帯アプリ開発にも活躍したり、Javaが出来る技術者が重宝された時期もあった様
 に思います。
 Java仮想マシンと呼ばれるものの上で動作するため、OSに依存せずに実行できる、
 という事が一番の特徴でしょうか。
 後はガベージコレクションという機構によって、使ったメモリを勝手に後処理して
 くれたりとか。ちょっとマニアックな話です。
・JavaScript ・・・ ジャバスクリプトと読みます。
 名前からするとJavaのお友達言語かと思ってしまいそうですが、別物です。
 書き方がJavaっぽいだけ。
 JavaScriptはWEBサイトのクライアント側で動作してくれるスクリプト言語です。
 WEBサイトのクライアント側とは、要はネットに接続してWEBページを見ている側の
 端末の事です。
 WEBページをブラウザで閲覧する際にHTMLという形式のファイルが読み込まれている
 事がほとんどですが、その中でプログラムが実行できます。
「動的な」というのは、実行の時に処理できるという意味です。
 単純なHTMLは「静的な」もので用意したHTMLをそのまま表示することになりますが、
 Javascriptでプログラムを追加することで、処理内容によって表示画面を変更できる
 様になります。
・jQuery ・・・ ジェイクエリーと読みます。
 上述のJavaScriptのライブラリ。
 ライブラリというのは、こういう処理はよくあるけど、自分で処理を書こうとすると
 大変だよねっていう様な処理を予め用意しておいてくれる夢の様な部品です。
 決められた方法で呼び出すことで、ライブラリにある処理が自分のプログラムで
 実行できます。自分でプログラミングする量が格段に少なくなって便利です。
・Perl ・・・ パールと読みます。
 動的なWEBサイトを作成できるスクリプト言語。
 テキスト処理が得意でテキスト処理やシステム管理などにも使われます。
 PHPと同じ時期に普及して、一昔前のホームページなどによく使われていましたが、
 PHPの方がマジョリティーなイメージです。
・PHP ・・・ ピーエイチピーと読みます。
Hypertext Preprocessorの略語との事ですが、初めのPはどこから来たんでしょう?
 オープンソースで動的なWEBを作成するのによく用いられます。
 Javascriptと同じくHTMLの埋め込み型言語として記述できますが、PHPはサーバ側で
 動作するので、当然サーバ側に配置されているデータベースを使った処理もできます。
 こちらもPerlと同じく、一昔前に流行ったイメージです。
・Ajax ・・・ Asynchronous JavaScript + XML の略。
エージャックス、アジャックスと読みます。
 問題文の通りです。
 HTMLは再描画しようと思うと、画面の一部しか変更点がなくとも全画面をサーバから
 取り直して表示し直すのが基本的な動作になります。
 非同期通信の処理を入れることで、画面の一部分だけサーバからの情報を反映すること
 ができます。
 便利!と思うかも知れませんが、アーキテクトとしては複雑になり、
 動作検証が難しくなったりします。
 何にでもメリットとデメリットがあるもの。
・CSS ・・・ Cascading Style Sheetsの略。スタイルシートと読みます。
 問題文の通りです。
 HTML自体に表示する内容を記述し、CSSにどの様に見せるかのデザインを規定する、
 という風にセットで使います。
 因みに、HTMLを簡単に説明するとWEB画面を表示するために決められた
 タグ表現のこと。下記でタグの説明とXMLとの違いを書いていますので参考に。
・XSL ・・・ Extensible Stylesheet Languageの略。エックスエスエルと読みます。
 XMLの表示スタイルを指定するためのもの。
 HTMLとCSSの関係に似ています(正確にはちょっと違いますが)。
 因みに、XMLとは、Extensible Markup Languageの略で、HTMLと同じく
 マークアップ言語と呼ばれるものです。
 タグと呼ばれる<***>ここにデータを設定</***>の様な形で記述され、
 ***の部分に何のデータを示すか自由に定義する事ができます。
 データをやり取りする相手と形式を取り決めれば、そのタグに必要なデータが
 入っている事になるので、やり取りが容易になります。
 HTMLとの大きな違いはこのタグを自由に定義できるということ。

①、②に該当する用語が解答の選択肢に複数含まれるので、こんな感じだったなーといった記憶だと間違った選択肢を選ぶ可能性が高まります。
用語が多くて大変ですが、なるべく覚えたいですね。

今日はここまで!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA