2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第7問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。それでは、7問目いってみましょう。

【問題】
スマートフォンやタブレットなどの携帯端末は、外出先での業務用端末としても利用されている。
その利用に際しては、安全かつ効率的な管理が求められている。
この管理のための記述として、最も適切なものはどれか。

ア MDM とは、組織における携帯端末の運用を一元的に管理することである。
イ デジタル署名とは、利用者本人を認証するために利用者の身体的特徴や行動上の特徴を用いるものである。
ウ リモートロックとは、遠隔操作によって携帯端末のデータを消去することである。
エ リモートワイプとは、遠隔操作によって携帯端末の操作を制限することである。

【正解】


出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより


【解説】
<所見>
本問も基本的な用語の問題。モバイル端末管理の基礎知識なので、難易度Cにしましたが、 システム関係でない方やモバイルに関わった事がない方は、対策していない用語で難しかったかも知れません。

<難易度>
C(易しい)

<解説>
・MDM ・・・ Mobile Device Managementの略。エムディエムと読みます。
企業で利用するスマートフォンやタブレットを一元管理するソフトウェアの事です。
基本的に下記のリモートロック、リモートワイプなどの機能を保持しています。実は、モバイルだけでなく、通常のPCも管理できるものもあります。

同じ様な用語があるので、あわせて紹介しておきましょう。

MAM ・・・ Mobile Application Managementの略。マムと読みます。
モバイル端末へ業務に必要なアプリケーションだけ配布する様に管理するソフトウェアです。
個人で利用する端末は好きなアプリを入れられますね。業務ではそれをされると困るので、管理側が決めたアプリ以外インストールできない様に制御するのが一般的です。
MCM ・・・ Mobile Content Managementの略。エムシーエムと読みます。
モバイル端末へ業務に必要なコンテンツ=ドキュメント類をセキュアに配布するソフトウェアです。
社内ドキュメントの最新版を外出先でも見たいと思った場面は多いのではないでしょうか。メールなどで送ると誤送信もあってリスクが高いです。社内に直接アクセスさせるのもセキュリティ上難しいですね。
「セキュアに」というには「安全に」という意味です。

最近はMDMとMAMの境いが曖昧になってきており、両方の機能を持った管理ソフトが多いです。

・デジタル署名
本用語のみ、モバイル以外でも使われる用語となっています。
デジタル署名の仕組みを説明しようとすると、これだけでかなり説明が必要になるため、一言で説明できる程度にとどめます。
暗号化を活用した電子データの保証書の様な物です。
これにより、発行者の保障とデータの改ざんが行われていない事を証明する事ができます。正にデジタル版の署名(サイン)ですね。
・リモートロック
選択肢エの説明が正しいです。
名称通り、リモート=遠隔で画面をロック状態にします。
モバイル端末は外出中に使う事が前提なので、紛失や盗難といったリスクが付きまといます。
社内の重要情報が入っていたりすると大変ですね。
そこで、管理者が端末を指定して、画面をロック状態にします。
・リモートワイプ
選択肢ウの説明が正しいです。
ワイプは英語で書くとwipe。拭き取るとか消し去るという意味ですね。
それをリモートで行うという事です。
リモートロックと同じ様に紛失したりした端末が見つからずもう戻ってくる可能性が低い場合、管理者がこの機能でデータを消してしまいます。

リモートロックもリモートワイプも社外で使う端末ならではの重要なセキュリティ対策です

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA