2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第11問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、11問目いってみましょう。

問題】
情報システムの評価指標に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア MTBF/(MTBF+MTTR) の値が大きいほど、可用性が高いと言える。
※出題には括弧はありません。表現上、意味が変わらない様に括弧をつけています。
イ MTBF の値が小さいほど、信頼性が高いと言える。
ウ MTTF の値が小さいほど、機器の寿命が長いと言える。
エ MTTR の値が大きいほど、保守性が高いと言える。

【正解】

出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
機械の性能、保守性を定量的に図る用語の基本問題となります。
一見すると難しそうですが、単語が難しそうなだけで、日本語にすると単純です。

<難易度>
C(易しい)

<解説>
・MTBF ・・・ Mean Time Between Failure の略。
平均故障間隔と訳されます。
機械などが故障してから、次に故障が発生するまでの時間この事を指します。
ということで、この時間が長い方が壊れにくい機械という事になります。

・MTTR ・・・ Mean Time To Repair の略。
平均修理時間と訳されます。
機械などが故障した際に修理にかかる時間の事を指します。
ということで、この時間が短い方が保守性が高いという事になります。

MTBF+MTTR=機械の全稼働時間 という事になります。なので選択肢アの式は全稼働時間の内、機械が動いていた時間の割合を示す式になります。
という事で、この式の値が大きいという事が、機械の稼働率が高い=可用性が高い、という事になります。
可用性とは、機械やシステムが利用できる確率(どれだけ止まらないか)のことを言います。

・信頼性
これは機械やシステムの故障しにくさを示します。可用性とはちょっと違います。
可用性は故障の頻度が高くても、1回当たりの故障時間がごく短ければ、可用性は高い数値になる可能性があります。
逆に故障した場合の修理時間は長いが、滅多に故障しなければ、信頼性は高い数値になります。

・保守性
修理のしやすさの事です。故障の時に短時間で修理できる機械やシステムは保守性が良いという事になります。

因みに、ソフトウェアにも保守性というものがあります。
直しやすいプログラムと直しにくいプログラムってあるんですよ。

今日はここまで!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA