2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第12問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、12問目いってみましょう。

【問題】
QR コードは、中小企業でも商品の検品・棚卸、決済などの業務に利用できる。
QR コードに関する記述として最も適切なものはどれか。

ア コードの一部に汚れや破損があっても元のデータを復元できる。
イ 数字だけではなく英字やひらがなのデータを格納できるが、漢字のデータは格納できない。
ウ スマートフォンやタブレットなどの携帯端末で実行できるプログラムである。
エ 無線通信を用いてデータを非接触で読み取ることができる。

【正解】

出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
最近はスマホやタブレットでもカメラで標準読み取りが可能となっているQRコード。
キャッシュレス決済などにも利用されています。
皆さん、言葉は聞いたことがあると思いますが、その仕様・特徴について知識を問う問題です。

解答の選択肢にミスリードが多いので、難易度高めの判定にしています。

<難易度>
B(ちょっよ難しい)

<解説>
まず知っておきたいのは、英数字、漢字、ひらがなが扱えるという点です。
バーコードは数字のみなので、同じ2次元コードでもここは大きな違いです。
なので、QRコードにはURLを持たせたりする事ができます。

先述した通り、最近はスマホやタブレットでもカメラで標準読み取りが可能となっていますが、「プログラム」ではありません。

QRコードは誤り訂正情報を持っており、最大で約50%の情報を復元できます。

設問のエは、ICカードの事を指しているものと思われます。
QRコードの光学的に読み取りするものなので、無線ではありませんね。

ただ、エの設問が無線式のハンディQRコードリーダーを示している様にも読み取れ、会社などで利用された事がある方は悩んだのではないでしょうか。

本番だと困ると思いますが、アがQRコード自体の特製を表していることと、無線はリーダーと他の機器を接続するための方式であり、QRコードそのものを読み取るために使われるものではないため、誤りという事になります。

細かいミスリードが埋め込まれているので、焦らずに解く事が大切ですね。

今日はここまで!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA