2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第13問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、13問目いってみましょう。

【問題】
検索エンジンによる情報収集では、「フィルターバブル」と呼ばれる弊害も指摘されている。
フィルターバブルに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 虚偽の情報から作られたニュースがまん延することで、利用者の正しい判断を阻害することが懸念されている。
イ 検索結果の記事に広告を自然に溶け込ませて提示するために、利用者の情報収集が妨げられることが懸念されている。
ウ 不自然な外部リンクを増やすなどして検索結果の表示順序を意図的に操作できるために、必要な情報にたどり着くことが困難になることが懸念されている。
エ 利用者の過去の検索履歴などに応じた情報を優先的に提示する傾向があるために、利用者の目に触れる情報に偏りの生じることが懸念されている。

【正解】


出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
インターネット社会には不可欠で、便利な検索エンジンの負の側面に警鐘をならす考え方の用語知識を問う問題です。
ただ、正直マニアックな出題と思いますので、難易度はAとしています。

試験としては、解けなかったとしても気にせずいきましょう。

<難易度>
A(難しい)

<解説>
もはやこれなしではインターネットは語れない、といっても過言ではない検索エンジン。

使った事がないという方はいらっしゃらないのではないでしょうか。

「フィルターバブル」とは、米国の活動家であるイーライ=パリサーが自著で用いた造語とのこと。

検索エンジンは、検索する人に必要な情報が上位に来るように作られています。

そうした方が、使っている人、つまり我々にとって利点が多いと考えられるからです。

しかし、自分にとって有益な情報ばかりが目に留まり、それ以外の情報や自分とは異なる考えのサイトを無意識に避けているとしたら、どうでしょう。

そんな状態のことをフィルターバブルと表現しています。

自分はそんなつもりはなくても、ものすごく偏向的な知識や考えになっている可能性があるとすると、怖いかも知れません。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA