2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第14問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、14問目いってみましょう。

【問題】
ビッグデータの時代では、デジタルデータを介してヒトやモノを結ぶネットワークが急激に拡大していく現象が見られる。
ネットワークに関する記述として、最も適切なものはどれか。
なお、ノードとはネットワークの結節点、あるノードの次数とはそのノードと他のノードを結ぶ線の数を意味する。

ア 次数分布がべき乗則に従う、インターネットなどで見られるスケールフリー・ネットワークには、ハブと呼ばれる次数の大きなノードが存在する。
イ ブロックチェーンとは、Web 上に仮想的な金融機関を置き、金融取引の履歴をWeb 上のデータベースに一元管理するネットワークをいう。
ウ メトカーフの法則は、デジタルデータの爆発的な増大を背景に、ノードの増加と共に価値が指数関数的に増えていく状況を表している。
エ リンクポピュラリティは、ネットワーク分析で使う指標の1 つで、あるノードを通る経路が多いほど大きくなる。

【正解】


出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
これは解けないでしょう。ほとんどの受験生が解けないと思います。このレベルが出れば捨て問。
試験当日も気にする必要ありません。焦らず、マークだけして他の問題に集中しましょう。
何もわからなくても、1/4で4点取れるかも?くらいの気持ちの余裕が欲しいですね。

<難易度>
S(激難)

<解説>
・スケールフリー・ネットワーク
解答文の通りなのですが、難しすぎですね。
リード文でノードとは結節点のこと、と前置きがしてありますが、ネットワーク上の機器の事だと思って頂ければよいと思います。(本来の概念では機器以外も含まれます)
次数とは、その機器が他の機器と繋がっている数のこと。
その次数が大きいハブと呼ばれるノードが存在するネットワークの事を、スケールフリー・ネットワークと呼びます。
ここで言うネットワークとは、電子的なネットワークだけでなく、社会的なネットワークも同様に捉えられています。
特徴としては、情報の伝わる速度が速い、個別の故障に対してネットワーク全体は強いといった点があります。

・ブロックチェーン
ニュースなどでも取り上げられる仮想通貨を支える技術として有名になりました。ただ、仮想通貨のためだけに利用する技術ではありません。
ブロックチェーン自体を説明すると長くなりますが、一言で説明すると、同じブロックチェーンに参加している人同士でデータの正確性を保証しあっています。
なので、参加者が多ければ多い程データの正確性が高まり、改ざんしにくくなる仕組みを取っています。

ブロックとは参加者の取引データを暗号化したもので、それが繋がって鎖の様になっているので、ブロックチェーンと言います。

仮想的な金融機関がある訳ではありません。

・メトカーフの法則
ネットワーク通信の価値は、接続されている端末数の二乗に比例するという考え方。
同一のネットワークに接続される端末が増えるほど、その増え方以上に価値が向上するというものです。

デジタルデータの増加を前提にはしていません。

・リンクポピュラリティ
SEO用語ですね。
検索エンジンに表示される順位を決める際の1つの考え方で、「該当のWEBサイトが他のサイトにどれだけリンクされているか」という事を指標にします。
リンクを受けるという事は、他の方から有用なサイトだと認識されているという証拠になります。

検索エンジンは有用な情報を上位に表示したいので、こういった要素を大事にします。

ただ、数が多ければ良いかというとそういう訳ではなく、リンクした側のサイトの質も判断基準となっている様です。

また、恣意的に検索順位を上げる様なリンクを行ったりするなど、検索エンジン側に不当な行為と判断されると、逆に評価を下げられたりします。

何事もズルは良くないという事ですね。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA