2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第16問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、16問目いってみましょう。

【問題】
CMMI (Capability Maturity Model Integration)を使って、ソフトウェア開発組織の成熟度を5 段階のレベルで表現し、開発プロセスの改善に役立てることができる。
CMMI に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア CMMI で、各プロセスの特性が明確化されるとともに標準化が進み、「定義された」状態になるのは第3 レベルである。
イ CMMI の第2レベルは、各プロセスがいまだアドホックかつ場当たり的で「不完全な」状態として認識される。
ウ CMMI はISO が定めた国際規格で、要求事項に合致したシステムを構築すると、各レベルに応じた認証を取得することができる。
エ CMMI は、システム・ライフサイクル全体を構想、開発、運用、保守、廃棄のプロセスに分類し、それぞれのレベルを評価するモデルである。

【正解】


出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
組織の成熟度に関する用語の問題です。
CMMIは、問題文の通り組織の成熟度を示す5段階の指標で定義されています。
組織化が弱い中小企業には、こういった指標で体系化された組織を目指すのことも重要だと考えます。

<難易度>
B(ちょっと難しい)

<解説>
・CMMIの5段階は、以下の様に表現されます。
レベル1:初期
個人に依存しており、組織化されていない状態です。
超勤で対応しようとする、業務が手順化されていない、個人の能力に依存している、といった状態です。

レベル2:管理された
基本的なプロジェクト管理を行い、コストとスケジュールを管理している状態です。
また、過去の類似プロジェクトに対する再現性があり、プロジェクトは文書化された計画に従って実行されます。
個人依存を脱却して、計画的な行動がとれる組織になった段階です。

レべル3:定義された(修正中)
組織の標準プロセスが確立しており、かつ「継続的に改善」される状態です。
組織の管理部門は、組織の標準プロセスが個別のプロセスに適切に取り組まれるようにマネジメントします。

レベル4:定量的に管理された
プロセスを安定化し、さらに実績を予測するモデルを持つことで、プロジェクトを制御することが可能な状態です。
また、ソフトウェア開発プロセスやソフトウェア保守などのための、「定量的な」品質の目標を持ちます。

レベル3との差は、プロセス遂行が「定量的に」予測可能であることです。

レベル5:最適化している
継続的なプロセスの改善が行われ、組織としての定量的なプロセス改善の目標を複数定めます。
これらの目標は、ビジネス上の目標の変更を反映して継続的に改訂されます。

レベル4との差は、プロセスを変更し、その遂行能力を向上させ、組織としての定量的なプロセス改善目標を達成する事に主眼が置かれることにあります。

エは、システムのライフサイクルプロセスを示していますが、CMMIはこれを評価するモデルではありません。

また、常に改善される事を前提に考えているため、ウの記載の様なレベルに関して「認証」や「取得」という概念はなく、「達成」という考え方を取ります。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA