2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第17問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、17問目いってみましょう。

【問題】
A社は自社の業務システムを全面的に改訂しようとしている。候補に挙がっているいくつかのIT ベンダーの中からシステム開発先を決定したい。
A社がIT ベンダーに出す文書に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア RFI とは、自社が利用可能な技術などをベンダーに伝え、システム開発を依頼する文書をいう。
イ RFI とは、システムが提供するサービスの品質保証やペナルティに関する契約内容を明らかにし、システム開発を依頼する文書をいう。
ウ RFP とは、システムの概要や主要な機能などに関する提案を依頼する文書をいう。
エ RFP とは、システムライフサイクル全体にわたる、システム開発および運用にかかるコスト見積もりを依頼する文書をいう。

【正解】


出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
システム企画から開発に入る時のベンダーとのやりとりに関わる問題です。
診断士が関わるとすると、補助金を活用しながらシステムによる改善を企画し、こういった部分まで含めたフォローを行うことになるでよう。
易しいとしていますが、用語以上に大事な問題です。

<難易度>
C(易しい)

<解説>
まずは、用語を解説していきましょう。

・RFI ・・・ Request For Informationの略。
情報提供依頼書と訳されます。
誰に何の情報を依頼しているかを一言で言うと。
誰に・・・ITベンダー
何の情報を・・・発注元の欲しいシステムの実現方法、調達が必要な資材など

なぜ、自分たちの欲しいシステムなのに、こんな面倒なことをするの?と思われるかも知れません。
ただ、システム発注する側はシステムを提供する側と比較して、システムのことに詳しい訳ではありません。
発注元が考える以上によい手段が提供される可能性もありますし、逆に実現性の難しさを指摘される可能性もあります。
また、複数のベンダーから情報提供を受けることで、より良い回答を得られる可能性も高まります。

皆さんも、自分が詳しくない物を買うときは、色々な会社の商品を比較したり、店員さんなど詳しい人に聞いてみたりすると思います。
あれと同じです。

・RFP ・・・ Request For Proposalの略。
提案依頼書と訳されます。
誰に何の情報を依頼しているかを一言で言うと。
誰に・・・ITベンダー
何の情報を・・・発注元の欲しいシステムの要件、開発期間、開発方法、

納品 物など。併せて見積も提示してもらう事が多いです。
システムが稼働してからの、保守面などもここで提示してもらいます。

ここまで来ると、契約も近くなります。こちらも複数社に提示して、比較検討することが多いです。

RFI、RFP共に1回で終わるという訳ではなく、実施方法の見直しや費用感の調整など何度かやり取りを行うことになります。

特に中小企業はシステム担当部門がない事も多く、システムに詳しくないといった事も多いです。
システムの開発や導入を企画しても、市場に実行できる企業がいなければ、絵に描いた餅になってしまいます。(自社で全て開発するというなら別ですが)
また、発注元が考えるコスト感で実現できるものかも重要です。
その為、ベンダーに提案を依頼し、発注元の意図やコスト感に一番合うベンダーを選定する必要があります。
企画したものの、実現できるベンダーがいない、いたとしてもコストに見合わない、となると企画自体に無理があったと考え、見直しも必要です。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA