2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第18問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、18問目いってみましょう。

【問題】
ソフトウェア開発では、仕様の曖昧さなどが原因で工数オーバーとなるケースが散見される。
開発規模の見積もりに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア CoBRA 法では、開発工数は開発規模に比例することを仮定するとともに、さまざまな変動要因によって工数増加が発生することを加味している。
イ LOC 法では、画面や帳票の数をもとに開発規模を計算するため、仕様書が完成する前の要件定義段階での見積もりは難しい。
ウ 標準タスク法は、ソフトウェアの構造をWBS(Work Breakdown Structure)に分解し、WBS ごとに工数を積み上げて開発規模を見積もる方法である。
エ ファンクション・ポイント法は、システムのファンクションごとにプログラマーのスキルを数値化した重みを付けて、プログラム・ステップ数を算出する。

【正解】


出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
アプリケーション開発の見積方法に関する知識を問う問題です。
基本的な部分なので、しっかり得点したいです。

<難易度>
C(易しい)

<解説>
ソフトウェアの見積に関する知識を診断士が知っておく必要がどの程度あるか不明ですが、
ソフトウェアがどういった考えで見積りされるのかは必要な知識だと思います。

・CoBRA
開発工数は規模に正比例するという前提に立った見積方法。
正比例しない要因は、別途工数が増加する要因として加味します。
正解。

・LOC
Codeとはプログラムを記述する際の処理1行の事を言います。
プログラムは該当言語で規定された書き方で書かれた文章の様なもので、その量が多い程、規模の大きいシステムと言えます。ステップとも言ったりします。
「画面や帳票の数をもとに」は誤りです。
一昔前のプログラム言語でよく見積に使われていました。今も使わない訳ではありませんが、言語によっては合っていないものもあります。

・標準タスク
工程毎に自社で予め決めた作業を元に見積る手法です。
ソフトウェアでいう工程とは、設計、プログラミング、テスト・・・といったもの。
家でいうと、設計図を作って、実際に家を建てて、検査をして・・・といった感じです。
選択肢の文章が分りにくい表現ですが、ソフトウェアの構造をWBSにした訳ではありません。

・ファンクションポイント法
名前の通り、機能をポイント化してシステムの複雑度を加味して見積に利用する方法です。
ファンクションポイントはポイントの数え上げ方法も複雑度設定も要素が決まっており、わかり易く、恣意的な見積が行いにくいため、よく利用されます。
ただ、見積者の感覚で勝手に複雑度を設定したりする、「なんちゃってファンクションポイント」が横行しているケースが見られます。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA