2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第20問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、20問目いってみましょう。

【問題】
下図は、ある中小企業A社のプロジェクト管理に関する現行の業務の一部をUML のクラス図として描いたものである。

【属性に関する前提】と【凡例】を参考にしつつ、この図の解釈として最も適切なものを下記の解答群から選べ。


【属性に関する前提】
・「担当可能な役割」の値は、「主任」あるいは「アシスタント」のいずれかである。
・「主任の担当時間」の値は、各プロジェクトに投入する主任の担当時間数である。
・「アシスタントの担当時間」の値は、各プロジェクトに各アシスタントが投入する担当時間数である。

長方形はクラスを表す。長方形の上段はクラス名、中段は属性名、下段は操作名を記述する。なお、属性名および操作名は省略できる。
クラス間を結ぶ線はクラス間の関連を表し、この線の中央に関連名を記述する。

ただし、関連が属性を持つ場合には、関連を表す線から点線を引いて関連クラスを設ける。
凡例では関連2 が関連クラスに該当する。

また、関連を表す線の両方の終端近くには、それぞれの相手に対するクラス間の多重度の範囲を表す。
ここで、多重度とは、一方のクラスの1 つのオブジェクトに対して接続されている、他方のクラスのオブジェクトの個数を示すものである。
多重度の範囲は、下限をn、上限をm とする場合は「n. .m」という形式で表す。
例えば、接続が必ず1 つの場合は「1 」、接続が存在しないかあるいは1 つの場合は「0. .1」、接続がゼロ以上の場合は「0. .*」などのように表す。

〔解答群〕
ア 各社員は、役割の兼務が認められ、あるプロジェクトでは主任を担当し、また別のプロジェクトではアシスタントを担当できる。
イ 各プロジェクトでは、担当するアシスタントは1人以上である。
ウ 各プロジェクトでは、担当する主任は必ず1人である。
エ 各プロジェクトでは、担当する主任は1人であるか、あるいは担当するアシスタントは1人以上であるかのいずれかである。

【正解】


出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
UML(nified Modeling Language)の表記を読み取る問題です。
システム業界の方でなければ、対策していない可能性の方が高いです。
問題文にこれほど説明が必要な時点でいわずもがなですね。

但し、説明が充実しているため、その場で図の意味を理解できれば、得点できる問題になっています。
知識というより、問題文の読み取りを試されている問題になっていますので、難易度ほど正答率は低くないと思われます。

こういった当日現場での対応力も大切にしたいです。

<難易度>
A(難しい)ただし、正答はできる

<解説>
解答群のイ~エは問題の説明にもある多重度で解けるので、順にみていきましょう。

イ:アシスタントの担当における社員の多重度は、0以上(0..*)となっていますので、誤りです。

ウ: 主任の担当における社員の多重度は、1となっていますので、これが正解です。

エ: イとウで説明した通りですので、誤りです。
正しく書くと、担当する主任は1人で、かつ担当するアシスタントは0人以上。となります。

アについては、【属性に関する前提】 に
「担当可能な役割」の値は、「主任」あるいは「アシスタント」のいずれかである。
の記述があるため、兼務ができるということが誤りという事になります。

システムの現場でもUMLが流行った時期はありましたが、主流で使われているかというと、疑問が残ります。
ただ、システム設計にとってクラス設計は重要なので、必要な考え方と言えます。

UMLはシステム業界の方なら一般的な知識の範囲ですが、診断士としてクラス図の知識が必要とは思えませんので、試験時間内に初見の情報から正しく判断できるかを試したのでしょう。

1次試験の合格ラインは平均60点以上ですので、こういった問題で4点取れると他科目での不足分をカバーできる可能性があります。

全く分からない問題は捨て問とするしかないですが、時間があれば対応できる問題はできるだけ得点したいですね。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA