2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第21問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、21問目いってみましょう。

【問題】
中小企業が外注によって情報システムを開発する場合、外注先に任せきりにするのではなく、情報システムのテストに留意するなど、当事者意識を持つ必要がある。
テストに関する記述として最も適切なものはどれか。

ア システム開発の最終段階で、発注者として、そのシステムが実際に運用できるか否かを、人間系も含めて行うテストをベータテストという。
イ ソースコードの開発・追加・修正を終えたソフトウェアが正常に機能する状態にあるかを確認する予備的なテストをアルファテストという。
ウ 対象箇所や操作手順などを事前に定めず、実施者がテスト項目をランダムに選んで実行するテストをA/B テストという。
エ プログラムを変更した際に、その変更によって予想外の影響が現れていないかどうか確認するテストを回帰テストという。

【正解】


出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
システム開発・導入におけるテストに関する基本的な用語の問題です。
確実に正答したい問題です。

<難易度>
C(易しい)

<解説>
あまり聞きなれない用語もありますが、本問は回帰テストの用語さえ押さえていれば解答できる問題です。
回帰テストはシステム開発のテストでも基本的な考え方なので、カバーしておきたいです。

・アルファテスト

製品の正式リリース前に社内で実施するテストのことです。この時の製品をα版といったりします。
いわゆる試作品の段階でのテストとなります。βテストの前にするテストがαテストです。

・ベータテスト

製品の正式リリース前に社外で実施してもらうテストのことです。この時の製品をβ版といったりします。
聞いたことないですかね?
windowsOSの最新版が提供される少し前の段階で、一般ユーザーにβ版であることを前提にテスト的に利用してもらうためにソフトウェアを公開するといったことをします。
windowsほどユーザー数が多くなくても、製品を市場にリリースしてから、致命的なバグが見つかって信用を落とすようなことは企業としては避けたいものです。
社内でもアルファテストとして十分に検証は行いますが、テストできる量は限られます。
市場のユーザー数が数万、数十万、数百万と大きくなればなるほど、想定していない操作や使われ方で予期しない不具合が見つかることはよくある話です。
そのためには、実際にユーザーに使ってもらって、出たバグを修正する方が早く、確実に品質を上げられるということです。

・A/Bテスト

2つのWEB画面をユーザーに利用させて、どちらがより効果的かなどを判定するテストです。
ECサイトなど、ユーザーの使いやすさが最重要課題となるシステムもあります。
折角サイトを開いてもらっても、「使いにくい!」と思われて、数クリックで止めてしまう場合が結構あります。(サイトから離脱するといいます)
人間工学に基づいて画面設計をしたりもしますが、実際にユーザーに使ってもらって、使いやすいと思われる画面を採用するという意味で効果的な方法といえます。

・回帰テスト

レグレッションテストともいいます。
プログラムは1か所を直すと、修正箇所だけ影響を受けるといった単純なものではありません。(作りも問題もありますが)
1か所直したことにより、他の処理で不具合が生じたりします。
そうなっていないか確認するために修正していない機能も以前と同じ様に動作するかを確認します。
知らない人からすると、ちょっと直すだけなのに、なんでそんなに時間がかかるのか?と思われることがありますが、1つとしてこういった理由があったりします。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA