2018年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第25問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、ラスト25問目いってみましょう。

【問題】
Z社は、新商品A、B、Cのいずれかを開発しようとしている。
市場調査を行った結果、市場の拡大・現状維持・縮小の3 パターンで表のような利益の予測(単位:億円)が得られた。
この場合の意思決定に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

拡大現状維持縮小
商品A1004010
商品B908040
商品C807030

〔解答群〕
ア マクシマックス原理、ラプラスの原理のいずれを用いても、商品Aを開発することが最適となる。
イ マクシミン原理、マクシマックス原理のいずれを用いても、商品Aを開発することが最適となる。
ウ マクシミン原理、マクシマックス原理のいずれを用いても、商品Bを開発することが最適となる。
エ マクシミン原理、ラプラスの原理のいずれを用いても、商品Bを開発することが最適となる。

【正解】

出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>

決定理論に関する知識を問う問題です。
マクシミン原理とマクシマックス原理は基本知識の範疇かと思いますが、ラプラスの原理が含まれており、
これも分からないと正答を選択できなくなっており、難易度を上げています。

<難易度>
A(難しい)

<解説>

マクシマックス原理:
市場の状況が一番よくなる状況を前提に、一番利益を得られる選択を取ることです。
今回だと拡大における予測利益が最大になる商品Aが該当します。

マクシミン原理:
市場の状況が一番悪くなる状況を前提に、一番利益を得られる選択を取ることです。
今回だと縮小における予測利益が最大になる商品Bが該当します。

ラプラスの原理:
市場の動向(拡大・現状維持・縮小)が均等に可能性があると考えた場合に、一番利益を得られる可能性が高い選択を取ることです。
期待値計算と同じ考えになりますが、発生確率は全て同じ条件ですので、商品としての予測利益の総和が一番大きいものが一番期待値が高くなります。
今回は商品Bが該当します。

考え方が分かっていれば簡単ですが、全ての用語を押さえられている受験生がどの程度いらっしゃったかは疑問。
比較的基本用語であるマクシマックス原理とマクシミン原理を押さえられていれば、2択までは絞れます。
当日ラプラスの原理が分らなければ、50%の確率で正解だと腹をくくりましょう。

<解説>


今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA