診断士試験 時間の確保に圧倒的に悩む社会人

以前、時間活用術でもすこし触れましたが、「机以外での勉強法」について

会社でもできる診断士勉強法について掘り下げていきます。

※時間活用術の記事はこちら

https://pinemode.com/2019/02/26/post-129/

突然ですが、診断士試験を受験しようとしているあなた

あなたにとって診断士試験とは何でしょうか?

独立のための一歩?

企業内でのステップアップ?

退職後のセカンドキャリア?

転職のための武器?

自己研鑽?

共通点は、今の自分や環境に満足していないということだと思います。

であれば、「今の仕事に対する取り組み方をかえましょう」

誤解のないように最初にお伝えしておくと、決して「手を抜け」といっている訳ではありません


会社の規模等によっても変わってくるかも知れませんが、一定規模以上の会社であれば以下に当てはまると思います。

・営業、製造、研究開発、マーケティング、人事、総務、など専門の部署がある

・年度、複数年度の事業計画がある

・財務諸表が閲覧できる。

・会社の就業規則が閲覧できる

・経済新聞が読める

・専門雑誌や専門書がおいてある

これらがあれば、診断士試験対策に転用できます。

①営業、製造、研究開発、マーケティング、人事、総務、など専門の部署がある

専門部署がある会社はラッキーです。

その部署が行っている日々の業務には診断士試験に出題される要素が含まれていることが多々あります。

診断士の1次試験の知識は、その業界の中堅以上のかたなら知っていることの多い用語が多いです。(全部とは言いません)

専門部署の方と話すこと、専門部署が出している資料、などを見れる場合は教科書としてみてみましょう。

今までは気づかなかった発見があって面白い上に、勉強にもなります。

②年度、複数年度の事業計画がある

会社には経営に関わる情報と会社経営の産物が多数存在します。

事業計画や財務諸表なんかは、その最たるものでしょう。

事業計画が発表されて、その資料を見ない社員は企業にいる人間としてマズイでしょう。

仕事中に見ていても、なんら不思議ではない光景です。

でも、診断士を目指しているあなたは他の社員とは見方が違います。

経営戦略で出題される要素が含まれていませんか?

運営管理で出題される要素が含まれていませんか?

そこから経営層の考えが見えてきませんか?

事業計画は診断士もサポートして作成することがある分野でもあります。先取して診断士目線で見て勉強しましょう。

③財務諸表が閲覧できる。

財務諸表が公開されている方は、さらにラッキーです。

過去の財務諸表も含めて、勝手に事例Ⅳをやってしまいましょう。

あなたの会社の財務分析を行い、主要財務指標が良くなっているか、悪くなっているか、計算してみましょう。

変化が大きい箇所は、なぜそうなっているか読み取ってみましょう。

事例Ⅳの最頻出問題ですよ!!

④会社の就業規則が閲覧できる

原則できるはずです。できなきゃ法律違反です(笑)

就業規則は労務関連の教科書のようなものです。出題頻度は低いですが、会社の基盤として改めて見直してみましょう。新たな発見や、なんでその様な規則があるかが分かって面白いと思います。

また、会社の組織図が公開されている方は、自社がどの様な組織体系になっているか確認し、なぜその様な組織構造にしているか考えてみましょう。

機能別組織でしょうか?事業別組織でしょうか?マトリックス組織でしょうか?

それぞの組織のメリットはなんだったでしょう?またデメリットは?

経営組織の構成はどうなっているでしょう。

取締役は何名で構成されていますか?監査役は?監査役会設置会社でしょうか?指名委員会等設置会社でしょうか?

⑤経済新聞が読める

最近はちょっと少ないかもしれません。ですが、気になる用語や教科書で見たけどうろ覚えな用語があったら、即調べましょう。

また、経済学の知識を使って、マクロ経済、ミクロ経済の動向を読み取ってみるのも良いと思います。

⑥専門雑誌や専門書がおいてある

自分の専門以外の雑誌や書籍が見れる会社であれば、積極的に手に取ってみるのも良いでしょう。

但し、入門書にしておくことをオススメします。合格するまでは深入りしすぎないこと。

仕事への幅も広がって一石二鳥ですよ!

熱中しすぎると仕事をサボっていると思われるのでほどほどに。

いかがでしょうか。

診断士試験の範囲で仕事に関連しない分野はほぼありません。(中小企業政策は大手の方には関係ないかも・・・)

全て実行する必要はありませんが、苦手だと思う科目やちょっとしたスキマ時間を活用した記憶の呼び覚ましに有効です。

ない時間をなんとか捻出して、すこしでも合格に近づきたいですね!

※画像:フリー素材ぱくたそ様(www.pakutaso.com)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA