診断士2次向け 必携!対策本

今回は診断士試験で一番苦しんでいる方が多く、かつ最難関といってよい2次試験のオススメ書籍を紹介します。

複数あり、それぞれの良さがあるので、機会を見てご紹介しようと思います。

初回はやっぱりこれ

「ふぞろいな合格答案」

合格者の9割以上が購入し、一度は目を通したことがあるのではないかというほど有名な書籍です。

実際、私の周りの合格者に聞いてみましたが、

資格対策の学校に通っている方でも、独学の方でも、

知らない人はいませんでした。

それくらい有名です。

最大の特徴は

「その年の合格者の再現答案が見れること」

これにつきると思います。

この試験はかならずといっていい程再現答案を作ります。


理由は、もしもダメだった場合の振り返りのためだと私は認識しています。

※口述のためだという意見をたまに聞きますが、口述に再現答案は必要ありません

論述試験の再現答案なんて、どうせ後付けでしょ?

と思っているあなた。

それは違います。

確かに細かい言い回しは試験当日に書いたことと違うこともあるでしょう。

しかし、この試験で重要な「解答の骨子」と「キーワード」はまず間違いなく本番と同じです。

なぜか。それは当日解答する前に、メモを作成するからです。

そのメモと解答者の(合格者の)いつもの思考回路で再現答案を作るので、

その再現率は高いものになります。

付け加えるならば、合格者は一定以上の解答を導く訓練が出来上がっている人です。

同じ問題であれば、何度解いてもほぼ同じ解答を出すのが合格者です。

2回目、3回目で解答の方向性が変わるという事はあり得ないです。

(より良い解答を見つけることはあるかも知れませんが)

合格者の再現答案を見れるメリットはこの試験では図り知れません。

なぜかというと、模範解答というものが公開されません。

これはどの論文試験でも同じなのですが、これが対策の難度を格段に上げる要因だと思っています。

要は何を書いたら合格水準なのか公式にはなっていないのです。

であれば、実際に合格した人の答案から学ぶのが一番でしょう。

実際に試験を受けた人は自分の解答と比較してみましょう。

未受験の方は自分で解いてみた解答と比較してみましょう。

自分には何が不足しているか

合格者でも解けていない問題はどこか

合格への分かれ道として重要な情報が見えてくるはずです。

この作業をしない人は、この試験「受かりません」

4事例の内、苦手な事例というものもあります。

取れる問題、取れない問題をはっきりできないと対応が難しくなります。

そのためにも、合格者のレベルを知っておくというのは重要なことだと考えます。

今年のゴールデンウィークは例年以上に大型連休になります。

今のうちに2次に触れておけば、1次試験後の2次対策スタートが切りやすくなります。

1次試験の気分転換に2次試験対策を行うのも、この時期ならありですよ。

どうせ合格するためには2次試験に合格する必要があるんのですから。

では。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA