低コストって低価格じゃないからね

今回は戦略論について語ります。

2次試験にも必須の戦略論で、超有名な戦略の1つである競争戦略について

競争戦略の大家といえば、みなさんご存知のマイケル・ポーター先生。

ポーター先生が提唱している競争戦略の基本は、

コストリーダーシップ戦略

差別化戦略

集中戦略

の3つですね。

基本的に、中小企業は資本力がなく、大企業とガチンコで競争すると負けるに決まっているので、

競争戦略をとる場合は差別化戦略を選択することがセオリーになります。

これ重要なので、受験生の皆さんは頭に入れておいてください。

間違っても、大手と同じことを真似るなんてことはしちゃダメですよ。

同質化戦略は業界リーダーがその知名度や生産能力で差別化を消す戦略ですからね。

さて、今回は差別化戦略とは別にコストリーダーシップ戦略を取り上げる際に、勘違いしている方を見かけるので「どうしたものか」と思い記事にすることにしました。

コストリーダーシップは、生産方法の改善や原材料の改革などにより、他社と同じかそれ以上の価値のある製品を生産しているのに関わらず、他社より低コストで生産することを戦略的に実行することを言います。

一般的には大規模な生産設備などにより規模の経済を働かせることで実現することが多いので、大企業の方が実現しやすい戦略ですが、中小企業でも実現されている企業もいます。

このコストリーダーシップ戦略ですが、

「低コストで生産する」という戦略上の特徴が悪いのか、

取り上げられる企業の事例が悪いのか、

なぜか 低コスト戦略=低価格戦略 だと思っている方がいるようです。

違いますよ!?

低コストは先述のとおり競争力を高めるための戦略の結果です。

低コストだからこそ、他社より弾力的な価格設定が可能なことは確かですが、

安易に安売りするための戦略ではありません。

低コストを実現していても、他社より高品質・高機能など製品価値を訴求できるのであれば、

低コストかつ高価格な価格設定も可能です。

もちろん他社より低価格で提供し、価格面での競争力を訴求することも可能です。

ただし、コストリーダーシップ戦略を実現できている企業の低価格設定は、単純な値引きではなく、

妥当な利益を確保した上での低価格設定となっています。

コストリーダーシップ戦略を実現できていない企業の低価格設定は、利益を削って個数を売っている

流れになり、利益改善にならず、ジリ貧になっていきます。

どうでしょうか。違いが分かって頂けたでしょうか。

このミスリードがおきる理由の1つに、どうやら価格設定における先入観がある様に推測しています。

それは、価格=コスト+必要利益で決めるものだ。という「コストプラス価格」法による価格設定が前提にあるのではないかというものです。

コストプラス価格による価格設定は一般的でわかり易い価格設定のため、常識の様になっているようですが、

価格はコストだけで決定されるものではありません。

これについては、試験対策とは離れててしまうので、別カテゴリーで機会があれば書きたいと思います。

まとめ

コストリーダーシップ戦略は低コストを戦略的に行うが、必ずしも低価格を目指すものではない

それではまた

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA