勉強疲れしてませんか?

こんにちは。pineです。

1次試験まであと2か月ちょっととなってきました。

あまり実感がありませんか?

この時期、広い1次試験の勉強で起きがちなのでが、「勉強疲れ」ではないでしょうか。

1次試験の大変さは、各科目が簡単な訳でもないのに、関連性の低い分野を7科目こなさなければならない

そのカバーすべき知識の広さにあります。

勉強していてふと思います、、、、「ヤバい、一回覚えたのに忘れてる。。。orz」

時間も差し迫ってきたこの時期なので、余計焦ります。

「もう疲れちゃったよ。こんな試験できなくても仕事はできるし、やらなくても誰も怒らないよ。。。」

そう思っている方も多いのでは?

気持ちは分かります。

何かの時間を削って分厚いテキスト、過去問と格闘。

なのに、何度やっても忘れてしまう。自分が嫌になる。

そんな時にどう切り替えるか。

それは

なぜこの試験を受けようと思ったか思い出す

です。

診断士試験を受けようと思った動機は何ですか?

動機を他の言葉で言い換えると「モチベーション」ですね。

2次試験で受験生の解答でもよく見かける言葉です。

皆さん、なぜかこの言葉が大好きなようです。

診断士は、個人のモチベーションと共に、

組織のモチベーションである「モラール」を向上させるなどの助言をする立場であり、

国から認められた唯一のコンサルタント資格です。

経営者の相談役になり助言をする立場となることを前提に考えられている資格です。

受験生の皆さんが自分のモチベーションを維持できないのは、医者の不養生ともいうべき状況です。

自分のモチベーションも維持できないのに、従業員数十人のモチベーションを高める施策を

打ち出せるはずもありませんし、説得力もありません。

合格後は今より多忙になり、選択肢も増えます。

今のうちに自分に問うて下さい。

あなたは何のために診断士資格を取りますか?

これがはっきりすれば、疲れたとしても少し休んでまた走りだす動機になるはずです。

試験の本番まで、まだ時間はあります。

気持ちを切り替え、ネジを巻き直すにはいい時期ですので、

自分を見つめ直すのに時間を費やすのも必要かもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA