2017年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第1問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、2017年1問目いってみましょう。

【問題】
パーソナルコンピュータÔPCÖ内部には、バスやインタフェースと呼ばれる伝送経路がある。
その機能改善によりスループットの向上が期待できるので、PC の導入に当たっては、伝送経路の機能にも配慮すべきである。
この伝送経路の仕組みに関する以下の文章の空欄A〜Dに当てはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

データやプログラムは、PC内部のマザーボードで発生する(A)と同期を取りながら、バス上で伝送される。
CPUと主記憶装置の間でそれらを伝送するシステムバスは、(B) 、データバス、コントロールバスから構成されている。
PCの入出力バスと(C)やDVD装置を接続し、それらをオペレーティングシステムの起動ディスクとして利用する場合に使用できる代表的なインタフェースはSATAである。
PCのシステムバスに接続された(D)インタフェースは、これまで主にグラフィックスボードなどを装着するために利用されてきたが、
このインタフェースに装着できるSSDを使用すると、データなどの読み書き速度やPC の起動速度が向上する。

〔解答群〕
ア A:クロック B:アドレスバス C:HDD D:PCI Express
イ A:クロック B:パラレルバス C:SSD      D:mSATA
ウ A:パルス  B:シリアルバス C:ブルーレイ  D:NVMe
エ A:パルス  B:パラレルバス C:microSD   D:IEEE 1394

【正解】

出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
PC内部の伝送経路の知識を問う問題です。
テキストには掲載されている範囲かと思いますが、情報処理側に依り過ぎた問題構成になっており、
業界の人かパソコンが好きな人以外にはマニアックで難しい問題になっていると思います。

<難易度>
A(難しい)

<解説>
A クロック
PCのスペック表を見たことがありますでしょうか。
CPUの欄に、「XXGHz」といった表記があるはずです。
これがクロックの大きさを示すものです。細かい話はありますが、基本的にはこの数字が大きい方がCPUの性能が高い(処理速度が速い)ということです。

B アドレスバス
問題文の通り、システムバスは、アドレスバスとデータバスとコントロールバスで構成されます。
それぞれの役割は以下の通り。
アドレスバス・・・CPUと主記憶装置(いわゆるメモリ)がアクセスしたいデータのアドレス(データの存在する場所のこと)を伝送するためのバス
データバス・・・CPUと主記憶装置の間で、実際のデータを伝送するためのバス
コントロールバス・・・ 読み込み、書き込みのタイミングなどを制御するためのバス

C HDD
SATAがインターフェイスになるという問題文から絞り込みます。正解のHDDだけでなく、SSDもSATAで接続可能です。
最近はI/Oの速度が速く、小さくて軽いSSDの方が主流になってきてますね。

D PCI Express
ピーシーアイエクスプレスと読みます。
内容は問題文の通りです。
もともとは、マザーボードだけでは足りないスロット(接続するための口)の拡張を行うインターフェイスです。

なんとも難しいですね。診断士にここまでの知識を求めるのもどうなのか。。。
まあ試験なので割り切ってしまいましょう。ハードウェアに関する問題が1問は出題されるますが、苦手な方は基本問題以外は気にせずスルーしても良いかも知れません。
第1問目なので、気持ち的に引きずらない様にしたいですね。

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA