2017年中小企業診断士 1次試験 経営情報システム 第3問をわかりやすく解説

一次試験対策として、過去問をベースに解説と難易度判定を書きたいと思います。
尚、難易度については私の所見であり、診断士協会の公式な評価等ではありません。
それでは、2017年3問目いってみましょう。

【問題】
コンピュータの出力装置として使用するプリンタには印字方法の異なる製品があり、業務の用途に応じて使い分ける必要がある。
プリンタの特徴に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア)インクジェットプリンタは、細いノズルから液体インクを用紙に噴出して印刷する。
カラー印刷する場合は、黒色に加えて、シアン、マゼンタ、イエローのインクの濃度を調節して印刷する。
色の再現性能が高く、写真やポスターの印刷に向いている。

イ)ドットインパクトプリンタはプリンタヘッドのピンにより活字のような印影を形作り、
カーボンリボンの上から強打することでカーボンを用紙に転写して印刷する。
複写伝票に印字できる唯一の仕組みであるが、文字以外の画像などの印刷はできない。

ウ)熱転写プリンタは、インクリボンから熱で発色する染料を用紙に転写した後、熱を加えて発色させる。
フルカラーの印刷はできないが、与える温度を変えることで異なった発色が可能である。
動作音が静かで、構造が簡素なため小型軽量化しやすくハンディターミナルなどにも用いられる。

エ)レーザプリンタでカラー印刷可能な機器は、黒色に加えて、シアン、マゼンタ、ブルーのドラムを内蔵し、 各色のトナーを紙面に転写し、最後に定着機でレーザ照射してトナーを固定する。
印刷速度が高速で、事業所での文書や書類の印刷に利用される。

【正解】

出典:一般社団法人 中小企業診断士協会ホームページ 試験問題ページより

【解説】
<所見>
家庭でもオフィスでもよく使うプリンタ。
馴染みのあるものだけに、基本的なことは知っておきたいですね。

<難易度>
C(易しい)

<解説>
・インクジェットプリンタ 
 名前の通り、インクをジェット(噴出)する方式です。
 家庭用プリンタでも多く出回っていますので、インクをセットする時に見たことがある方も多いのでは。

・ドットインパクトプリンタ
 全体的に間違ってなさそうなので、気を抜くと間違って選択してしまいそう。
 文字以外にもバーコード、QRコードといった2次元コードを印刷することが可能ですので、誤り。

・熱転写プリンタ
 熱で溶けるインクをリボンと呼ばれる部品に塗布し、用紙に印刷します。
 黒一色のみの印刷で、濃淡はインクの量で表現できますが、カラー印刷はできません。
 おそらく、感熱プリンターと勘違いさせる問題文でしょう。
 昔のワープロで使われていて最近はあまり見ませんが、
 レジなどのジャーナル紙に印刷する小型プリンタに使われていたりします。後半は正解。

・レーザプリンタ
 ドラムという黒い筒の上に静電気の力でトナー(粉)を載せ、
 そのトナーを紙に押し付けることで印刷します。
 帯電したドラムに向かって、絵や文字になる部分だけにレーザービーム(光)を照射します。
 (ブラザー社HPより)
 トナーの色は、インクジェットと同じなので、ブルーは間違い。そもそもシアンが青色ですね。
 
 

今日はここまで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA